×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


*混迷的シンガポール紀行* 
その8。やまのあなたのそらとおく。。。


         


8/2(金)
SHIさんのセットしたケータイの目覚ましで起床。朝と言うにはまだ
早く、深夜というのがふさわしい闇の中、むくっと起きだし身支度整え、
さくさく荷物をまとめ、忘れ物無いか確認し、スーツケースをごろごろ
引っ張り(高級ホテルだっつ〜のに。。)レセプションに向かう。
日頃から夜勤で鍛えた寝起きの良さを発揮し、起きた次の瞬間から
喋ったり動いたりはしていたのだが、迂闊にもロビーに来るまで自分
では一度も時計を見なかった。
これが失敗の始まり。。(-"-;
会計があるのは国際電話かけたSHIさんだけだったので、彼女がそれ
を済ませている時、私はある事に気付いた。
誰もいない。。のである。。。ロビーはしん、と静まり返っている。
何で??と不審に思い、ここで今日初めて自分で時計を見て、軽〜く
ぶっ飛んだ。ええっ!?(@.@;; 

このツアーを申し込んで、お金を払い込んで、送られてきた日程表を
見たSHIさんから最終日(つまり今日)の日程を聞いた時も、確か軽〜
くぶっ飛んだのを思い出した。。。
帰国便はシンガポールを朝6時発。つまり、早朝3時くらいにはチェック・
アウトしないといけないって事だよね!?と。。。
現地に着いてからもらった日程の詳細を見て、もう一回ぶったまげた。
最終日は朝2:45にモーニング・コール。3:25までにロビー集合(T-T)
朝ってったって、めちゃめちゃ早朝じゃん!マジっすか!?
予定では、2:45に起されたって厳しいので、2:30にケータイの目覚ましで
起きて、3時前にはチェック・アウトしようね、というハズだった。。

けどね、なんとただ今の時刻2時!!予定より1時間早いよ〜っ(T◇T)

ここで思い当たったのは、日本とシンガの時差は−1時間。
SHIさんのケータイは日本時間から直して無くて。。。
時差ってものをすっかり失念して、日本時間の2:30に目覚ましをセット
しちゃったワケだ。
ど〜りでモーニング・コール、来なかったワケだ。。と、今頃気付いても
遅いのであった。。
戻ってきたSHIさんにその衝撃の事実を告げ、集合時間まで後1時間、
このロビーでつぶさないといけなくなったよ!と伝える。
SHIさんはめちゃめちゃ笑顔で誤魔化そう♪作戦に出た。。
ああ私の負け。。ここまで一度も時計を見なかった私も悪いので、怒る
気も無し。こんな事、今まで無かったのに。。油断したぁ(-"-)

思わず出来たヒマな時間、ロビーの座り心地の良いソファに陣取り、
SHIさんは本を広げ、私は音楽聴きつつぼ〜〜っとする。
ここの吹き抜けのロビーは、夜になるとほどよく暗く、しっとりした雰囲気
で落ち着ける。西洋人好みの東洋っぽい品々がさり気なく使われている
のを、じっくり眺める。
こんな時間に、とっても美人でスタイルのいいドレスアップしたおね〜さん
が一人でカツカツ出て行ったけど。。何してるの人??(^-^;
掃除のおに〜さん達に軽く笑われつつ、皆が来る時間を待つ。

3時すぎ、ガイドのムーミン顔に〜ちゃん登場(^-^;
何事も無かったかのように振る舞いつつ、3:30頃ミニバスに乗ってホテル
を後にする。私達の他にはちーちゃん&ママ、若いOLさんか大学生か?
と言った年頃の女性2人組の計6人。
真っ暗でどこ走ってるんだか分らないまま、4時ちょっと前に空港に着く。
何故かカウンターの前には長蛇の列が出来ていた。
しかも皆、なんだかとっても長く話している様子。。事情が分らないまま、
ムーミンに〜ちゃんに急かされるように最後尾に並ぶ。

やっとカウンターの前に行くと、インド系彫りの深い顔の係員のおね〜さん
が何か英語でぺらぺらっと言う。
ん?
良く聞いてみたら、私達が乗って帰るハズだったNW機が欠航なんだそう
だ。。あらまっ\(◎o◎)/!
何で?何で〜?と訳も分らずぶ〜ぶ〜ブーイングしたら、鼻の上に皺を
寄せておね〜さんが後のカウンターに行き戻って来た。
「UA(ユナイテッド航空)で良ければ7:40に乗れるわよ!」と、チケットに
手書きで何やら書き込み、奥のカウンターへ行って、と案内された。
そこを離れるとムーミン顔ガイドが手招きしてたので寄って行くと、何に乗
れるようになったか聞いてきた。
何で欠航になったか聞くと「飛行機が昨日、来なかったから」とだけ。
てきと〜すぎないか?(-"-)
その頃、他の4人もやってきたけど、私達だけ挨拶もそこそこに奥のカウ
ンター近くまで連れてこられたが。。このガイド最後までいい加減で、また
もやてきと〜な所で放される(-"-;

UA機のカウンターは、この欠航便騒ぎのせいでてんやわんやの状況。
まず手荷物検査の機械の前に臨時の受付みたいのを受ける。
SHIさんと私は別々の列に並ばされ、係りのおね〜さんが何やらぺらべら
喋る。どうやら直行で帰るか、経由でもいいか聞いてるらしい。
しかも経由だとストップ・オーバーがあるらしい。
直行がいい!と、知ってる英語を並べて返事をした・
すると、隣から私を呼ぶ声。。
そちらをを見るとSHIさんの前に立ったおね〜さんが悲しそうな顔して、
「彼女は英語、喋れないの!?」と聞いてきた(もちろん英語で。。)。
その目の前でSHIさんは満面の笑顔。。。
笑ってる場合じゃないって。。(-.-;
そう、と答えると、分ったわ!と言うアクションをして、隣のおね〜さんは
私を担当してくれた係員の所へ行き何か話してくれている。
で、2人揃って戻ってきて、パスポートとスーツケースにオレンジやら黄色
やらの丸いシールに何か書き込んだものをぺたん!と貼ってくれて、荷物
検査に進めという。

さてここからが大変だった。。
スーツケース、X線検査受けたのに、台の上で開けろと言う。
せっかくあんなに一生懸命詰めたのに。。と、泣きつつキーを開ける。
係員のおに〜さんが丁寧に中をチェック。腰に下がった拳銃が眩しい。。
隣では、係員がSHIさんのスーツケースからビニール袋に入った何かを出
して、これは何か聞いている。
「フル〜ツ♪(*^-^*)」とSHIさん。
ヤバイって、それ。。。(-"-;;
でも係員のおじさんは笑って元に戻してくれた。。ほっ(-.-;;
やっと無罪放免され、カウンターでまたもやインド系濃い顔のおばちゃん
係員の、決して睨んでる訳じゃないのに睨んでいるような視線にあがって
てきと〜に何か答えてるうちに、エアチケットをゲット(^-^;
ANAとUAの共同運航便NH7050=UA882便、成田経由、シカゴ経由、ラガ
ーディア空港行き、C−20ゲートから7:20発。
ここでまたもや、無責任ムーミン顔ガイド登場(-"-)この期に及んで
「他の人はSQの午後1時すぎに便です。あなた達、ラッキ〜」みたいな事を
ぬかす。
そんな事ならちーちゃん親子と変わってあげても良かったのに!!と思った
が、後の祭り。。そういうしているうちにガイドは去って行った。。
全くも〜使えないガイドだ!(怒)

とりあえずゲートに向かう。
時間が早すぎてデューティーフリーどころか24時間営業のカフェテリアとか
ァーストフードしか開いて無い。
「お店開いてないかな〜?」と言うSHIさんを無視しつつ(笑)進む。。
ここまででかなり疲れていたが、この先まだまだ関門があるをこの時には
予想だにしなかったのだ。。。

                          その9。につづく。。