×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



*混迷的シンガポール紀行* 
その7。話題のスポットで呑んだくれ(@.@;;


        


18時すぎ、ドレスアップ(笑)してエントランスへ。
正面玄関を出ると、正統派サファリ帽にサファリルックを着込んだナゾの
おじさんが佇んでいた。
時代が時代なら、今にもトラ狩りにでも行きそうな勢いである。
私の中でもSHIさんの中でも同時に“近づいてはいけない警報”が鳴り
響いたらしく、打ち合わせナシでおじさんから目を逸らす(^-^;
なのに、つつつ。。とおじさんは私達に近寄って来て徐にこう言うのだった。。
「TAXI?」
。。。むむっ!もしや貴方ってば。。ベルキャプテン??(*.*;
今朝の武田真治風美青年はどこ行ったんじゃ〜〜!?←大混乱(汗

18:30すぎ、Chijmes(チャイムス)到着。
周りを囲んだ真っ白な塀は高く、中は全く外からは見えず。
入口入って正面に形のいい尖塔を持つ大きなチャペルが鎮座していた。
内部は見事な作りで、窓という窓には華麗なステンドグラスが嵌められて
いる。天井は高く、内部も外も輝くまでの白が基調となっていて、見事な
までに美しい建物。
結婚願望も無いしかも無神論者の私でも、ここでウェディングなんてした
ら素敵だろ〜な〜、というくらい壮麗かつ荘厳な雰囲気。
そこから、これまた天井高めな白亜のコリドー(回廊)がぐるりと、中庭を
中心に敷地を囲むようにしてある。中庭は一段掘り下げてあり、パティオ
みたいになっている。そしてそのコリドーの部分を改装した所と一階層下
の所にレストランやカフェ、バーが並ぶ。
古くからある修道院を約S$1億かけて大改装した、という話題のニュー
スポットがここ、チャイムスなのだ。う〜む、女性が好きそう。。(^-^;
ここに来るまでほとんどナイショ!だったSHIさんも喜んでくれてる。

予約の時間までほんのちょっとだけ間があったので、コリドーの一画というか、
一辺にある小さな店が並ぶショッピング・モールへ。
ここがまた、気になるモノ満載!小さな雑貨屋やテーラー、画廊が並んで
いるが、一店一店がセンスが良くて、こういうの大好き♪なSHIさんと私は
半分小躍りしながら、ちょっと挙動不振のまま端から端まで流して歩く(笑)
中でも一番中庭に近い所にあった、小さいけれどかなりセレクトされた
アジアン雑貨のお店の品揃えに心を囚われるが、時間切れで何も買えず。
店内全品40%OFFで、日本では見た事ないような安南焼の品物とかも
あったのに〜〜(T◇T)ああ悔しや悔しや。。
でもどのガイドブックを見ても、チャイムスにはセンスのいいレストランがいくつ
かある、って書いてあるだけで、こんなに素敵なモールがあるなんて書いて
なかったぞ〜!←ちょっと怒ってる(-.-;

ちょっと遅刻して、コリドーの一画にある「Maison de Fontaine」というフレ
ンチ・レストランへ行き、戸外で軒下って感じの席を選んで座る。
ここは『地球の歩き方』によると“3年連続シンガポールのベストレストランに
選ばれる等、味は保証付き”で“ワインリストも豊富で、デザートも美味”。。
そうとくりゃ〜何イクか!!と血気盛んに熱く燃えるSHIさん(^-^;

確かにここはグラスでいただけるワインの種類が、白3種赤3種シャンペン1種
と、こういうレストランにしては多め。しかも全部お薦めだと言う。。
とりあえずグラスでシャンパンを頼み、値段別に3種あったコースメニューのうち、
真ん中の$40ちょっとのお値段のコースを頼む。
ちなみにここのコースはプリフィクス。前菜5種、メイン肉3種魚3種の計6種、
デザート3種から1つづつ選んで自分でコースが作れる。
ワインリストを残してもらい、運ばれてきたシャンパンで乾杯!(^O^)

          

SHIさんはワイン好きだけどあまりリストは読めない。
私はワインはからきし分らないけどリストは読める。
足して2で割ってもしょ〜もない私達がワインリスト眺めつつ、あ〜でもない
こ〜でもない言ってたら、ウェイターのおに〜さんがつつ。。と寄ってきた。
私があまり沢山は呑めないのでグラスで頼みたいんだけど。。と言うとおに〜
ちゃんはにっこり笑って、二人別々に「貴方の選んだ前菜とメインには赤の
これかこれ、貴方の選んだのには白のこれか赤のこれが合いますよ」とすごく
丁寧に教えてくれた(^-^*こ
の気配りと嫌味じゃない雰囲気にすっかり気を良くした私達は、各々薦め
のワインを1杯づつ頼む。
そうこうしているうちに前菜の「オイスターとミューゼルのチーズ焼」が来た。
メニューで料理を選んでいる間、ずっと私がオイスターオイスター言ってるのに、
鮭だと勘違いしてたSHIさんが運ばれて来たモノ見て私に聞く。
「これ何だったっけ??」
だ・か・ら!オイスターとミューゼル。。カキとムール貝だってば(-"-

          

これがまた、火の通りが絶妙(@.@;
ほとんど生に近くて、とろんと生クリームで伸ばしたようなチーズソースと合うこと。
ワインにぴったり!の代物。
早くもシャンパン、赤1杯目を制覇したSHIさんのナゾの笑顔につられて、先刻
とは別のおに〜さんが接近してきた(^-^;
お薦めワインのもう1杯の方をオーダー。その間、私の呑み切れない白もちびちび
味見で、すっかり上機嫌。いつもより余計にハイ!になりつつあるSHIさん(^-^;
パンも美味で、これまた早速SHIさんはお替りをもらう。

メインはSHIさん←ランプステーキ、私←白身魚のサーモン&いくらソースかけ。
SHIさんのステーキは、フレンチレストランとは思えないボリューム。厚みも大きさも
たっぷりあって、食べ応えあり。しかも柔らかくてジュ〜シ〜。
私の魚料理も、ふっくらしてて美味。あまり塩分が効きすぎていなくて、オイルも
少なめなのがここのお料理の特徴のようだ。
素材の味がいきていて、かつ絶妙の火加減・味加減。付け合せの野菜が温野
菜で、グラッセじゃないのが、また胃に優しい(^-^
お喋りしながら、段々日が暮れてゆく美しい中庭を眺め、ごくごくワイン呑みつつ、
ゆっくりとだけどもりもり食べるナゾの女2人組。。(^.^;ヾ

メインも中盤に差し掛かった頃、またもやアヤシイSHIさんの動きと視線を察知
しておに〜ちゃん登場(笑)
SHIさんは、グラスワイン3種のうち、お薦めされなかった1種類の赤ワインへの
興味が捨てがたく、それを「お願いっヽ(^o^)丿♪」と注文。
私はシャンパンなら呑めるかも。。と、もう1杯シャンパンを注文。
。。ここでSHIさん、「グラス3杯以上呑むんだったら、ボトル1本でも同じなのよ
ね〜〜(笑)」
そ。。そうっすネ。。。(-.-;
でもいろんな種類呑めたから、とご満悦の様子。
しかも運ばれてきた赤ワインは、確かに香りも味もSHIさんの選んだメニューには
合わず。むむむ。。若いのにヤルな、に〜ちゃん。。

残しておいたパンをまんまと下げられてしまい、ちょっと悲しいSHIさんと私の前に
コースデザートが運ばれてきた。
魅惑のマンゴームースはとろんとろんの食感で、あくまで濃厚。。
味も香りもシンプルな感じも満足。量も多すぎず、満足満足(^-^**
気が付けば周りの席もほどほどに人で埋まっていて。。
恋人たちが囁くように会話するような、日本で言うならトレンディードラマ(死語?)
のロケ地になりそうな場所ですっかり呑んだくれて盛り上がっているおやじちっく(笑)
な私達。。。(-.-;
SHIさんがトイレに行ってる間に、いつもSHIさんのナゾの微笑みにすぐ反応して
くれてたおに〜ちゃんが寄ってきて、ここはどう?美味しかった?楽しかった?と
聞いてきた。すっごく良かった!と答えると、次はいつ来れそう?と、嫌味ない感じ
でさらりと聞いてきた。
「ん〜じゃあ、クリスマスディナーを食べに!」と答えると、じゃクリスマスにね!とおに
〜ちゃんは満面の笑み。

チェックを頼むと、最初にワインをお薦めしてくれたおに〜ちゃんがレシートを持って
きてくれた。おに〜ちゃんはニコニコ笑いつつそのレシートを見て「たくさん呑んだね!
美味しかった?」と言う。
2人でブンブン!と首を縦に振り、口々に美味しかった〜エクセレント!でり〜しゃす!
と言うと、おに〜ちゃんは爽やかに笑って送り出してくれた、21:20すぎ。
ここはサービスもお料理もグ〜!しかもしっとりとした雰囲気で、若者向けというより
大人向けなお店。お騒がせしてすみませんでしたm(__)m

モールのお店は全部閉まってたので、チャイムス内をぐるりと歩く。
ここに着いたときはまだ空が明るかったが、もうすっかり夜。塀の向こうにほんのちょっ
とだけしか高いビルが見えないので、ぱかっと夜空が開けていて、すっかり別世界に
紛れ込んだ気分になる。
古き良き時代の、西洋人が憧れたエキゾティックなシンガポールを彷彿とさせるこの
景色は、一度来てみる価値はあると思う。

酔っ払い2人、チャイムス前でTAXI拾ってホテルに帰り着いたのは22時。
22:30すぎには荷造り済ませて就寝。
実はこれから、今回の旅で一番過酷なスケジュールの日が始まるのだ。。
ただ、この時点では、この最終日の過酷なスケジュールに、波乱がたっぷりトッピング
されるとは。。。想像だに出来なかったのであった。

                          その8。につづく。。。