×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


*怠惰的バリ島紀行* 
その9。軽く空港難民気分。。のチャンギ国際空港。


       


19時すぎ、徐々に高度が下がりだす。
空は青空に夕焼けの赤が混じり出し、複雑な色彩の変化を見せていて。。
やがて夜に。
ちらほら地上の明かりが見えてきた。
19:45シンガポールのチャンギ国際空港到着。
結局ほとんどの時間子供が泣き続け、ぐったり気味。。。
降りれて良かった〜。。
到着はF側のゲートのかなり奥。次に乗るSQ998成田行きはE-3ゲート。
行きの時に分ったのだけど、FからE側のゲートに行くには中央棟を通らねば
ならず、えら〜く遠いのだ。行きの乗り継ぎではダッシュで走って乗り換えした
けど、今度は余裕余裕。。次に乗る飛行機に出発時間は23:15。。。
ゲートオープンは22:15。。。
まだまだ時間はたっぷりあるのさっ!と云うか。。ありすぎっ(T◇T)

空港内、うろうろ。あまりに広くて迷う。
地図が読める私が空港ガイド見て歩いても迷うのに、方向音痴の人だった
らまずゲートには辿り着けないだろう。。
それほどに広くて、空港難民気分を味わう(^-^;
中央棟の真ん中には憩いのスペース。バーありベーカリーカフェあり。
バーなんてちゃんとバーテンダーがカクテル作ってくれる本格的なもので、
生ピアノ演奏付き。端の方には薄暗くなってる仮眠スペースもあり。
インターネットスペースももちろんある。
上に1階上がった所にはヘルスセンター・マッサージ・シャワーが使える有料
ラウンジあり、コンビニ(セブンイレブン!)あり、世界各国の料理が味わえる
24時間営業のフードコードあり。
フードコートでは世界各国の様々な民族衣装を着た人々が食事をしてい
た。ぼんやり眺めているだけでも飽きない。
セブンイレブンに入る。
広くてきれいな店内には普通コンビニに置いてあるものだけじゃなく、土産
まで置いてあった。
ここでお気に入りの中国茶“八宝茶”の缶を発見!(◎o◎)
シンガポールドルしか使えないとの事。缶入りお茶1本S$1。
良かったS$持ってて。。
余った外貨、全部寄付したり使ったりしないで持っているとこういう時に役
に立つんだね。
このお茶が美味しかったので、私と同じく八宝茶の大ファンのKへのお土産
用にもう1缶買いに行く。新製品で“キットカット・ホワイト”ってのがあった。
買わなかったけど、これって日本では売り出し予定ないのかなぁ〜??(^-^

それでも1時間しか費やせず。
ふとポスタルセンターがあるのに気付き、少し戻ってブックショップでポストカード
を買う。
それを書いて空港内から出してみる。1枚S$0.7。
ポスタルセンターのカウンターのおね〜さんはムスリムの白いケープを被ってる
人で、とても無愛想だった。

ゲートオープンまで後1時間を切る時間にやっとなった。
各々のゲートに枝分かれする付け根の所にあるトランスファーラウンジに落ち着
く。けどここでも中国系の子沢山夫婦と南欧系の子供連れおか〜さんが子供
を放し飼いにしてて、走り回ったり奇声を発したり。。
周りの人も注意しようとはせずに、段々そこから静かな方に移動するだけ。
私は元々静かな方に座ったから良かったけど、子供の躾が出来ないのは日本
の若い親達だけではないのだね。。うんざり。。(-.-;;
22時すぎ、E側の奥まで探検。
感じのいいオープンカフェの隣になんとリッパに回転寿司屋。。(-"-;
白人さんばかりがSUSHIを抓んでた。
22:15にはゲートに入り、そこでしばらく待つ。
ブランド物の大きな袋を抱えてブランド物で身を固めた人達が多く、シンガポー
ルから帰る人が多いのね〜という感じ。
バリは間違ってもブランド物を買いに行く場所では無いから。。
それよりも、ただバリの空港から離陸する時の景色が見たいってだけでシンガ
ポール航空使うっていう方が変わりモン。。なんだよね(-_-;
23時頃機内へ。
私の隣はチャイニーズのおじさんとその親族らしいおに〜さんの2人。
完全に中国語訛りの英語は話し掛けられてもほとんど聞き取れず(T-T)
飛行機が動き出し、23:50頃離陸。
シンガポールの華やかな夜景が遠ざかる。
今日は新月。月の無い夜を飛行機は日本へ向かって飛んでいく。

10/7(月)
離陸して1時間ほど経った頃、軽食が出た。
おにぎりorスモークターキーサンドウィッチ。サンドウィッチをチョイス。
結構大きめな胡桃入りのバゲット風パンにターキーいっぱい!美味し(^O^*
ちなみにおにぎりはコンビニ風にラッピングされたもので、“鮭”と大きく書いて
あった。
パーソナルモニターでしばらくゲームをやってから2時頃眠る。

いきなり花の匂いのする熱いおしぼりが配られて起こされる。
アジアの航空会社で配ってくれるおしぼりは同じような花の香りがするんだろ
う?。。とぽや〜っと考えるが、覚醒しきれず。
だって時間は4時ちょっと前。。仮眠ほどしか寝てないんだもん(T-T)
時計を+1時間して、日本時間に直す。
5:20頃、朝食が配られる。和食or洋食。
洋食のチャイブ入りのオムレツにはあまりそそられなかったので、和食を選ぶ。
いや〜これがまたもや見事な“なんちゃって和食”でっ(^.^;;;

       
         
5×8×厚さ3cmの立派なボリュ〜ムの“鮭の照焼”は生鮭使用でもなか
なか重い(-.-;
でも一番妖しかったのは梅干。
呆けたような酸っぱくも塩っぱくもないナゾの味。。
これにフルーツとバナナマフィン付きってのがまたアヤシイ。。
おかげさまですっかり目が覚めてしまったよ(^-^;

だんだん夜が明けていく。。
7時ちょっとすぎ成田に到着。雨で凄い霧。全く外の景色が見えないまま
だった。

イミグレに向かう時、途中からずっと後を付いてくるナゾの東南アジア系の
女性が一人いた。
私にぴったりくっついて来るのだが、なんだか妙に緊張してて息があがってる。
とにかく変(-"-;
ソイツは外国人と日本人のカウンターがかなり離れているのに、日本人の
カウンターまで付いてきた。
私の番が来て入国審査を受けてると、後から「君!何してんの!?」とおじ
さんの声。
振り返ると警備員のおじさんが私の方に向かって来てて、人の気配で視線
を落とすと、私の足元を東南アジア系女性が小さく屈んですり抜けて行こう
としているところだった
結局カウンターから飛び出して行った職員に捕まってたけど。。
こういう“すり抜け”ってホントにあるんだね〜〜〜っ(*_*;
生で見てドキドキしてしまった。。

成田を出る時は大雨だったが、横浜に着く頃には快晴に。
今回の旅は天気にとても恵まれた旅だった。
久しぶりの一人旅はこうして平穏に終わり、ウチも何も変わっていなかった。
ただ私の中で何かが変わったような気はする。。
さ〜気楽に行こうっと。

                             覚書。につづく。。