×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


*大自然的ボルネオ紀行* 
その2。“らんにんぐの〜ず”に要注意!


          


6/18(火)
寝やすいベットに寝やすいベットメーキングにハマり、7時に時計の
アラームをセットしたのに起きたのは7:30すぎ(-.-;
身支度を整え8時すぎに1階にある「コーヒーテラス」に向かう。
朝食はブッフェ式。
お天気もいいし、いい感じの風もあるし、で迷わずアウトサイドの
席へ。
ゆったりと天井が高く席数はあるのに狭い感じがしない雰囲気で、
しかも人は結構いるのに五月蠅くない。
寛げそうなので、ゆっくり朝食をいただくことにする。
パン類の種類が多く、ちょっと感動するくらい(@.@;
しかもとにかく美味しそうなのだ!パン大好き♪なSはすっかり舞い
上がり、すっごく悩んだ末にチョイスしたのにパンの量多し(^-^;
おかずの種類も決して多くはないが、少なくも無い、という量。パリッ
パリで新鮮なグリーンサラダがあり。すっかり嬉しくなって山盛り取っ
て、他にはベイクドドマト、ハッシュポテト、エッグベネディクト、チーズ&
トマトを挟んだ小さめマフィン。他にパン数個とトマトジュース、ラクサ風
スープにナゾの果物1個(笑)これにコーヒーがポットサービス。
ん?食べすぎ??(@.@;
遠く見えるキレイなビーチと海、景色が白っぽく見えるほど強い日差し
が射す緑の多い庭を眺めつつ、本当にゆったりとした時間を過ごす。
あ〜南の国に来たな〜という、開放感を満喫。。でもぼやぼやしてる
と食べ残し目掛けてスズメが来てしまう。。(-.-;
きゃあ!というような声あちこちで聞こえ、段々こっちに移動して来て
るような気がする。。と思ったら。。。
突然、かなり大きな極楽鳥みたいな大きな嘴を持った鳥が乱入して
きたっ(◎o◎)!
私とSの席で空いてた椅子の背にちょこん!ととまり、け〜!と軽く鳴
いてまた飛び立っていった。
真正面にとまられて、Sはすっかりびくびく。でも可愛かったよね〜!
とご満悦(笑) あ〜のどかだねぇ。。(^-^*
お腹いっぱいになり、お散歩♪お散歩っ♪と浮かれてホテルの庭を
徘徊しつつ、9:40頃部屋に戻る。

身支度し、わくわくしつつ10:10には“ネイチャー・インフォメーション”に
向かう。ここでは色々なツアーを企画しており、今日は“オランウータン
探しツアー”に参加するのだ(^-^*
本当はRM20必要なのだが、私達はツアー料金にインクルーディングな
ので無料。
地図を見たらネイチャー・インフォメーションセンターは自然保護区の
端っこ、つまりはジャングルとホテルの敷地の接する所にある。
けど。。我らが泊まっている客室棟からそこまではすっごく近かった。
って事は、昨日の夜、アヤシイ鳴き声が聞こえてた辺りは正真正銘の
ジャングルだったって事か。。(-.-;ヾ
ツアー開始は10:30。少し時間があったので、ログハウス風の建物の
中でオリエンテーション・ビデオを見るが、英語だけで訳分らない(-"-;

10人くらい集まったので、10:20頃案内されて、建物裏手の細い山道
みたいな道を少し登る。
すぐに木で出来た物見台みたいな所があって、そこにはもうすでにオラン
ウータンの子供が3匹、下りてきていた。
一番愛嬌のいい、目がくりんくりんの可愛い子がいきなり私の足元に来
て「に〜っ!」って顔をしたので、すかさず写真と撮る(それが↑の写真。
ベスト・ショットでしょ!)。か。。可愛いっ(*^O^*)
でもここはそもそもが親が死んでしまったりした子供のオランウータン
を自然に帰す為の施設なので、直にこの子達には触ってはいけない事
になっている。あ〜でも触りたいよ〜〜ん(^O^)
この子達も人間を怖がらず、中の1匹は平気で見物客にちょっかいかけ
てくる。でも係員のおさるみたいにすばしっこいおに〜さんに怒られると、
その一瞬だけ「怒られちゃった。。」という感じでしゅ〜ん。。とする。
怒られても怒られてもメゲずにちょっかいかけてきたり、ジャングルの斜面
をわざと転げ落ちてみたりする。めちゃくちゃ可愛い!
けど、おに〜さんの扱いは結構手荒(笑)で、手とか足とかむずっ!と掴
んで、必死の抵抗を物ともせずに引き摺っていく(^-^;
見学者はいつの間にか20〜30人に増えており、国籍もいろいろ、人種
もいろいろといった感じの人々が、3.5畳くらいの広さの見学台からはみ出
して、3匹のオランウータンのお子ちゃまの動向に歓声をあげる。
その見学台の上とか、周りの木からロープが少し離れた所にあるエサやり
台までわたしてあり、おね〜さんがエサのバナナをエサやり台に乗せると目
にも留まらぬ速さで手足を駆使してそこに行き、バナナをゲットして頬張っ
ている。その様も可愛い。。と、オランウータンに気を取ら
れている隙を縫って、違う種類の尻尾のなが〜い灰色の毛並みのお猿が
数匹、残り物を漁ってた(@.@; このお猿達は親子?でかなり人間の近く
まで来るには来るのだが、慣れてないそうなんで逃げてしまう。

一番愛嬌のある子が、いきなり「ぶしっ!!」とくしゃみしたら、青っ洟
がぴゃっ!と出た(笑)人間の子供みたいだ〜!と、見学者から失笑が
漏れた(^-^)

             
             風邪っぴきさんはこのコ。ちょっとぐずってます。

ちなみにその鼻水は手に取ってぺろっと舐めてしまった(-"-)
係員のおね〜さんがやって来て「ランニング・ノーズ(鼻水っすね)に注意
してね!」と、一番近くにいた白人の女の子達に言っていた。「この子は
朝熱があって、薬を飲んだのよ」らしき事を英語で言ってた。
この子達はおね〜さんが大好きなようで、おね〜さんが見学台まで来
たら寄っていって「だっこ〜だっこ〜」みたいな感じでまとわりつく。
おに〜さんが来るとぴゃっ!と逃げる様子を見せるがふざけてる感じで、
おに〜さんも大好きなのね、と微笑ましくなる。。
大人しくして!と怒ろうとしたおに〜さんにお腹を見せて降参のポーズ
なんかをしてみせて、おに〜さんも思わず失笑(^.^*

              

ジャングルの斜面を自由に行き来し、実は遊ばれてるのは私達?という
状況なのだが、可愛いので全部許す心境に到達。。けどね、太陽が
更に登ってくるに従って、めちゃめちゃ暑い〜〜(-"-;;
30分くらいで、おね〜さんが抱っこして風邪っぴきの1匹を連れて行く
と、その後をき〜き〜鳴きながらもう1匹が追って行き、その後をもう
1匹がジャングルの木立を伝って追って行った。皆、仲良しさんなんだ
ね。ジャングルを後にして、11時頃一旦部屋に戻る。

蚊対策にGパンを履いて行ったのだが、この暑さに耐え切れず(-"-;
ショートパンツ&タンクトップ&ビーサンという海仕様の格好に着替える。
ふ〜。。
絵葉書書いたり、本を読んだり、しばしぐだぐだ。。
12時すぎ、お昼ど〜しようか。。といいつつ、とりあえずホテルのプー
ルサイドにあるカフェに向かうのであった。。

                             その3。につづく。