×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


*年末的香港紀行*
その5。お洒落なれど、されど香港。。


             


6時すぎに起床。シャワーを浴びてブレックファストに備える。
今朝もルームサービスを頼んである。時間は7:45を指定。。。
すると、なんとその時間ぴったりに「コンコン!」と軽快なノックの音。
案の定、とても爽やかににこやかにおに〜さんが立っていた(^-^;
指定時間ぴったり!ってとこがスゴイ。

今朝も昨日と同じコンチネンタル・ブレックファスト。
フルーツいっぱいのサラダは同じ。パンはかりかりに焼いたベーグル1/2個
づつとクロワッサン、デニッシュペストリー。
美味しいのでつい食べ過ぎて、いきなりお腹はMAX状態に(^-^;ヾ
腹ごなしにホテルのベーカリーに行ってお土産を購入。
(『その1。』の画像はこのホテル・ベーカリーのショーウィンドウの写真。
お正月仕様であまりに華やかで可愛かったので撮ってみた♪)
ここのパンは朝食でいつも食べてたけど、ベーカリーで並んだのを見ると更
に美味しそうに見える。チョコレートが自慢だけにお土産お菓子はチョコ系
の物多し。値段もピンからキリまである。あとはクッキー等の焼き菓子。
お正月時期限定の中におみくじが入ったフォーチュン・クッキーにも、とって
もちっちゃな爆竹の飾りが付いた金と赤のリボンがついてて可愛い。
Aは細長いクッキーにチョコレートがけした、これもお正月限定の入れ物に
入った可愛い物、他数点を購入。私も真っ赤な地に金のプリントで「福」
の字が入ったお年玉袋に入った板チョコをお土産に数点
購入。部屋に戻って早速1袋開けて味見(^-^)
板チョコの間にプレーンな味のヌガーが薄く入っていて、とっても美味。
二人でぺろりと平らげる。

最終荷造りをしてチェック・アウト。
最後の最後までレシートにチョコ代が入っており「これはインクルーディングの
ハズなんだけど!」と戦って、精算し直してもらう。ふぅ。。やれやれ(-.-;
荷物を預かってもらい10時ちょっと前。
空港までの迎えの専用車が来るのは午後2時。そんなに時間がある訳では
ない。昨日のうちに打ち合わせしといた通りにさくさく進む。今日も朝は少し
ガスっぽかったけど、間もなく晴れてきた。

最初に行ったのはペダーストリートを直進してちょっと南西に行った安蘭街に
ある「SinSin」と言う地元のブランドショップ。ところがまだ10時前だからか開
いてない。しょうがないので今回の旅行でAが一番の目的としてた「知り合い
の結婚式に着ていけるようなチャイナドレス」をゲットしに、ヒルサイド・エスカ
レーター沿いにある「年華時装公司」へ向かう。
ここは日本のガイドブックに載っているだけではなく、地元でも評判だと言うの
で、ウェリントン・ストリートを北上してヒルサイド・エスカレーターに着く。

ヒルサイド・エスカレーターとは、中環の繁華街から南西にある高級住宅街
ミッドレベルの干徳道まで全長約800mのエスカレーター、というのは売りだが、
その実、エスカレーターが延々と続いている訳ではなく、短いエスカレーターと
動く歩道が坂道に沿って続いているものだ。
大変お洒落っぽいのだが、その道の左右の細い路地にはローカル色の強い
露天や市場、昔ながらのお店が並んでいて、“されど香港」”って雰囲気(^-^;
地図に書いてあるお店の場所が違っていて少し迷うが、執念でお店を発見!
こじんまりとしたお店で、オーダーメイドが基本らしいがサンプルを手頃な値段
で売っている。
手刺繍が全面に入ったかなり凝ったものから、シンプルな物まで品数豊富。
ちょっと出っ歯で太い黒ブチの壜底眼鏡をかけて、白いYシャツにネクタイを
締めて首にメジャーを引っ掛けている、いかにも“頑固な仕立て屋さん”風な
おじさんと、人が良さそうなあまり日本語の分からないおばさんが店頭にいて、
奥の仕立て工場に2〜3人の職人さんが居た。
全て基本は手作り、なんだそうだ。
ここでAはシンプルな少し金色がかったベージュの膝丈くらいのと、真っ黒な
大人っぽいチャイナ・ドレスを試着。
試着室から出てくる度におじさんの眼鏡のフチがきらり!と光り、メジャーを片手
にすすっ!と歩みより、しゅるしゅる!と計っては「うんうん」という感じで頷いて
いた。う〜む。。流石職人!!(笑)
少しお直しが必要だけど2枚ともとても素敵だし、仕立ても布地もいい。それな
のにとってもリーズナブルプライス。
悩んでいるAに、
私「え〜いいじゃん、いいじゃん。買ってかないと後悔するよん」
おばさん「送りますよ(←英語で。笑)」
これでオチたAは2枚ともお買い上げ〜。本当はお直しは半日あれば出来るん
だって。このお店は本当に親切で、フレンドリーで良かった。
しかも値段は上海灘の1/2〜1/5(注:2002年時点のデータです)。

満足して近くの「華潤百貨」という中華デパートへ。
とってもローカルなデパートで、雑多に色々な物が売っていた。心躍った私達は、
とってもとっても中国っぽいクッションカバーを買い込む(^-^;;
電化製品にアヤシイ物が多く心惹かれたが、重い思いをして持って帰った所で使
える訳じゃないし、と、諦める。。
でもね、本体が素焼きで出来てて中国ぽい線画が書いてある“湯沸しポット”とか
“お粥専用炊飯器”とかって好奇心がそそられる。そんなのが色々売っていたのだ。

帰りにも「SinSin」を覗くが今日はお休みらしい。
ま、明日は旧正月。年末って言えば年末、大晦日だもんね今日(^^ゞ
もう一回「上海灘」を覗き、ペダービルに寄って、昨日やってなかったけど興味が
あったお店数店を回る。
疲れたし、もう1時近かったのでとりあえずホテルに戻り、ベル・ボーイに帰りの車の
バウチャーを見せて車が来たら呼んでもらうようにしてエントランスの超ゴージャスな
ソファでぐだぐだ待つ。
荷物を頂戴と頼んだが、係りの人は「うんうん」と頷くのみで荷物をくれず。
何で〜?!この買ってきた荷物詰めたいのに〜!と思っていたら、なんと専用車が
迎えに来た時には、すでに車に乗せられていた。
流石、こういう所が高級ホテル。。なんだけど。。。ううむ。。
マンダリン・オリエンタルは全くトラブル無しとはいかなかったけど、大体においてはホス
ピタリティーもサービスも満足でき、またここを使いたい、と思わせるホテルだった。

道はそこそこ空いてて空港までスムーズに到着。また「マダ〜ム」と言われどきどきし
つつ、チップを払って空港内へ。
チェックインカウンターは混み混み。出国審査を済ませたらあまりボーディングまで時間
が無くなった。
しかもゲートは地の果て、行き着くまでにかる〜く15分はかかるらしい(T-T)
それでも空腹だった私はAを引きつれフードコートへ。
ここのフードコートは広くて、中華から洋食、和食?からタイ料理とかのエスニック料理
まであり、しかも値段も手頃。早めに空港に行ってここでご飯を食べるっていうのもいい
と思う。キャセイパシフックは24時間前からのチェック・インOKなので、早めに来て早め
にチェック・インしてご飯食べてお買い物して出発までのんびり。。。が。このだだっ広い
空港の正しい使い方かもしれない、と思った。

ファイナル・コールで呼ばれつつ、ぎりぎりで帰りの飛行機に乗り込む(焦
上の画像は帰路で出た機内食。豚の角煮は激うま!でした。
ぼんやりしているうちに夜の成田に着く。
小雪もパラついた、という日本はとても寒かった。
迎えに来てくれた人と帰っていくAを見送り、YACT行きの最終バスを待つ。
う〜さむさむ。。
家に帰りついたら日付が変わっていた(^-^;

いや〜それにしても2泊3日は短かいな。心残り、多数。
旧正月直前の香港は、華やかでちょっと浮かれた雰囲気で、とても楽しかった。。

                                   覚書につづく。